読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三浦真一郎 『みんな聞き出しちゃった プロ野球 本当のことだけ喋ろうぜ!!』

野球

 本書は、元セ・リーグ審判員で、引退後は主に文筆家として活動し、「球界の梨元」とも呼ばれた三浦真一郎が、元野球選手らを相手にした対談集で、1989年に出版された。元々は「週刊宝石」「月刊宝石」誌上に掲載されたもので、本にするにあたり加筆しているとのこと。

 対談相手は、江夏豊大矢明彦武上四郎川藤幸三掛布雅之古沢憲司高田繁江藤慎一谷沢健一

 三浦がセ・リーグの審判員だったことから、対談相手もセ・リーグ関係者で占められている(江藤とは熊本の先輩・後輩といった関係)。そして、彼ら全員が、三浦が審判を務めた試合でプレーをした経験を持っている。ちなみに、三浦が主審をした試合で、巨人・江川の調子がやたらよくなったことから、現役時代の三浦は「江川の恋人」という風に揶揄されることが多かった。

 基本的に現役時代のちょっとした裏話が対談のメイン。そこまで際どい話はない。バーに入ったらヤクザと間違えられたとか、監督と対立したとか、そういうことが語られている。相手が三浦なので、審判の判定についても、当時選手として感じたことを色々と喋っていて、そこは貴重な証言となっている。

 江夏がオールスターに初出場した時、川上監督に三連投させられ、阪神の監督、藤本定義が「ウチの江夏を潰す気か!」と怒った話や、女の問題で太平洋ライオンズをクビになりかけてた真弓を、江藤慎一が救った話などが特に面白かった。

 また、大矢との対談では、先輩ピッチャーによる新人キャッチャーいじめや、審判の目をごまかす技術について語られていて、なかなか興味深かった。掛布との対談はちょっと真面目より。無頼派的なエピソードが一番出てくるのは、元阪神古沢との対談。

 今では八百長を疑われるので選手と審判はあまり絡まないようにしているらしいが、この時代ぐらいまでは結構両者のは交流はあったんだなという印象を受ける。一緒に飲みに行くとかではなく、互いのプライベートを会ったら話し合うぐらいには、という程度に。まあ、三浦が絡みやすい性格だということもあるかもしれないが。

 

プロ野球 本当のことだけ喋ろうぜ!!―みんな聞き出しちゃった (LUCKY BOOKS)

プロ野球 本当のことだけ喋ろうぜ!!―みんな聞き出しちゃった (LUCKY BOOKS)