読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中村真一郎 「わが生涯の愛読書」

 ここでも紹介した『リテレール』1992年冬号からのリスト。副題は「これまでに読んだ何万冊からの、とりあえずのベスト」。中村は「ひとりの著者からは一冊」という原則に基づき、リストを作っている(ところどころ出版社名が抜けているのは原文ママ)。

 

聖フランソワ・・ド・サール『信仰生活入門』

モンテスキュー『法の精神』(岩波文庫

カント『純粋理性批判』(岩波文庫

テーヌ『美学』(岩波文庫

フレイザー卿『金枝篇』(岩波文庫

ベルグソン物質と記憶』(岩波文庫

ディルタイ『体験と創作』(岩波文庫

マリタン『形而上学序説』(マリタン著作集第一巻、エンデルレ書店)

ラマクリシュナ『語録』

ホイジンガ『中世の秋』(中公文庫)

ソポクレス『アンチゴネー』(岩波文庫

プラトンパイドロス』(岩波文庫

プラトゥス『帆綱』(東京大学出版会

カトゥルス『レスビア詩篇

ウェルギリウスアエネーイス』(岩波文庫

アブレイウス『黄金のろば』(岩波文庫

千夜一夜物語』(岩波文庫

『唐宋八家文』(朝日新聞社

『唐宋伝奇集』(岩波文庫

『歴朝別裁集』

万葉集』(岩波文庫

八代集』(講談社

源順『宇津保物語』(岩波書店

紫式部源氏物語』(岩波文庫

狭衣物語』(桜楓社)

『夜半の寝覚め』(有精堂出版)

『わが身に辿る姫君』(有精堂出版

後深草院二条『問はず語り』(岩波文庫

芭蕉『七部集』(岩波文庫

柏木如亭『如亭山人藁』初集(岩波書店

菅茶山『黄葉夕陽村舎詩』(岩波書店

松浦静山『甲子夜話』(平凡社

ロンサール『詩集』(岩波文庫

シャイクスピア『妖精劇集』(白水社

デュルフェ『アストレ』

ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』(岩波文庫

ラシーヌ『フェードル』(岩波文庫

ヴォルテールカンディード』(岩波文庫

ゲーテ『親和力』(岩波文庫

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ『堕落百姓兄妹』(筑摩書房

ノヴァーリス青い花』(岩波文庫

ホフマン『悪魔の霊液』(岩波文庫

コンスタン『アドルフ』(岩波文庫

ポオ『詩集』(東京創元社

キーツ『オード集』(泰文堂)

ボードレール悪の華』(岩波文庫

マラルメ『詩と散文』(筑摩叢書)

ランボー『詩集』(東京創元社

バーネット夫人『小公子』(岩波文庫

ビョルソン『日向ヶ丘の少女』(集英社

オースチン『説得』(岩波文庫

サッカレイ『虚栄の市』(岩波文庫)

エリオット『フロッス河畔の水車』(集英社

ペイター『エピクロス派マリウス』

H・ジェイムズ『聖なる泉』(国書刊行会

匿名『フランクと私』

B・ショオ『人と超人』(岩波文庫

トゥルゲーニェフ『貴族の巣』(岩波文庫

ドストイェフスキ『白痴』と「創作ノート」(岩波文庫

マイゼンブーク女史『回想』

サント=ブーヴ『月曜叢談』(正続)(冨山房

サンド『アンジアナ』(岩波文庫

バルザック『二人の若妻の手記』(東京創元社

スタンダール『パルムの僧院』(岩波文庫

ネルヴァール『オーレリア』(新潮文庫

モーパッサン『死の如く強し』(新潮社)

ドーデ『サフォ』(岩波文庫

ホフマンスタール『評論集』(河出書房新社

リルケ『ドゥイノの悲歌』(岩波文庫

トーマス・マンファウスト博士』(岩波文庫

ジョイス『ユリシーズ』(岩波文庫

ハクスリー『ガザに盲いて』(新潮社)

チャールズ・モーガン『泉』(白水社

グレアム・グリーン『情事の終り』(新潮文庫

モーム『剃刀の刃』(早川書房

フォークナー『響きと怒り』(冨山房

ヘミングウェイ『持つことと持たぬこと』(三笠書房

ワイルダー『聖ルイ王の橋』(荒地出版社

ナボコフ『アーダ』(早川書房

コルタサール『石蹴り遊び』(集英社

アポリネール『カリグラム』(青土社

ジイド『贋金つくり』(岩波文庫

プルースト失われた時を求めて』(ちくま文庫

ヴァレリー『ユーパリノス』(筑摩書房

クローデル『繻子の靴』(人文書院

デュ・ボス『日記抄』(筑摩書房

ジロードゥー『オンディーヌ』(白水社

マルロー『希望』(河出書房新社

コクトー『レオーヌ』(東京創元社

J・グリーン『日記』(みすず書房

モーリヤック『テレーズ・デスケイルゥ』(新潮文庫

夏目漱石『明暗』(岩波文庫

森鴎外渋江抽斎』(皺波文庫)

蒲原有明有明詩抄』(岩波文庫

北原白秋『海豹と雲』(岩波書店

佐藤春夫『この三つのもの』(佐藤春夫全集第七巻、河出書房新社

徳田秋声『仮装人物』(岩波文庫

島崎藤村『夜明け前』岩波文庫

石川淳『諸國畸人傳』(中公文庫)

永井荷風『濹東綺譚』(岩波文庫

 

リテレール (3)

リテレール (3)