読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清水富美加のツイートを勝手に深読みする

日常

 清水富美加の出家騒動に関して、様々な人が、「無責任だ」とか、「ブラック企業からは逃げるべきだ」とか、色々議論していたわけだけど、僕が彼女のツイート(sengen777)を読んだ時に、まず感じたのは、「すごい思わせぶりな人だなあ」といいうこと。

 例えば、「誰か(改行)ギリギリだと言った部分に隠された事(改行)誰か(改行)気付いてくれてますように」*1という、やたら改行を入れている2月13日のツイート。

 ここでポイントなのは、「気付いてくれますように」という願望と依頼の入り混じった言葉、それから、「隠された事」という曖昧な表現。結局、このツイートは17日に発売された、『全部、言っちゃうね。』の布石だったわけだけど、このツイートが出た時点では、多くの人が、彼女の思っていることを懸命に読み取ろうとした。なぜなら、「隠されている」ということは、本人の意志だけでは絶対に表に出せない「何か」があるわけで、それを真に受けた人たちは、正義感から、彼女のツイートの真意を理解しようとしたわけだ。しかも、本人が「気付いてくれ」って書いてんだから、なおさら「気付かなきゃ!」って思うよね。だけど、あっという間に本が出版されたから、「ただの宣伝かよ」という感じで、かなりの人が冷めた。

 報道とかを見る限り、清水富美加という人は、「気付いてほしい」というのがコミュニケーションの根幹にある人なんじゃないか(例の本は読んでいないので、ここからは完全に推測けど)。つまり、何に悩んでいるのかはっきりと言わない。「思わせぶり」な態度や言葉で、関心を惹き、深読みさせる。それで相手にされないと、ストレスを少しずつ溜めていって、ある日突然爆発させる。

 彼女が本当に不満だったのは、給料が安いとか枕営業したとか仕事が合わないとかじゃなくて、事務所が彼女の悩みに「気付いていくれない」もしくは「真剣に考えてくれない」というところにあったと思う。だけど、事務所や周りの人間は、「そんなに悩んでいるとは思わなかった」という状況。恐らく、彼女はそれとなく不満のシグナルを出していたとは思う。すごく「思わせぶり」な形で。「ぺふぺふ病」とか完全にそうでしょ。あの言葉って、「とぼけているように見えるけど、本当はすっごくつらいんです。誰か気付いてください」ってことじゃない。ユーモアって、基本的に苦痛を隠すために使うからね。だけど、事務所の人間だって忙しいわけだから、いちいち彼女の行動の裏を読んでいる暇はない(もしくは、「またか」と思って、無視する)。そのため、彼女としては、「どうして気付いてくれないんだ」ということになる。

 彼女がミュージシャンと不倫し別れた時に、こう思ったはずだ。「なんで自分ばかり、こんな苦しい目にあうのだろう」と。それに対し明確な答えを与えたのは、事務所ではなく、宗教だった。宗教っていうのは、「人間の生きる意味」について、確固たる理論を持っている。それは「神のために生きる」ということ。自分は神のために生きているのだと理解した瞬間、それまでの苦しみにも「意味」が出てくる。神が見守っている世界に、「無意味」なものは一つもないからだ。こうして彼女は出家した、と僕は推測している。

 しかし、彼女が宗教に頼ったのは、たまたま身近にあったからという以外の理由はないと思う。彼女は他人に多くのことを求め、かつ依存する性格のようにに見える。ある時期までは、レプロにも依存していたはずだ。だけど、他人を評価する軸が極端だから、一度依存が解けると、とことんまで憎んでしまう。「あんたのためになんでもやったのに、どうしてあんたは無視すんの!」ということ。今は、利用価値があるから幸福の科学も、彼女に対し配慮しまくってるんだろうけど、今後どうなるのかは、気になるところではある(いや、ないかもしれない)。

 

宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)