ノーベル文学賞はポルノがお嫌い

 書店に行った際、小谷野敦の新刊『純文学とは何か』の冒頭だけを立ち読みしたのだが、そこに「村上春樹はなぜノーベル文学賞をとれないのか」とマスコミからよく聞かれると書いてあって、「通俗小説だから」というのが小谷野の答えで、モームグレアム・グリーンがとれなかったのも通俗小説と見做されたからだろうとしている。そこから純文学とは何かという方へ話が進むのだが、それはさておき、実際ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーが「通俗小説」に厳しいのは事実だろう(細かく言えば、通俗的な要素があっても「シリアス」であると認められれば、受賞の可能性は高まる。カズオ・イシグロスティーヴン・キングの差はそこにある)。

 文芸において「通俗的」とされる要素はいくつかあるが、スウェーデン・アカデミーが絶対に認めないのが「ポルノ」である。例えば、ヘンリー・ミラーウラジーミル・ナボコフノーマン・メイラーアルベルト・モラヴィアアラン・ロブ=グリエフィリップ・ロス辺りが受賞できなかったのは、彼らの作品が「ポルノ」的だと見做されたからだろう。ちなみに村上春樹も、『1Q84』が、『リテラリー・レヴュー』の「バッド・セックス・アワード」にノミネートされたことからもわかるように、「ポルノ」と見做す論調が強い。

 ノーベル文学賞はペンクラブの重要な役職についていると取りやすいとも言われていて、日本ペンクラブの会長を長く務めた川端康成とかは確かにそうだっただろうが、国際ペンの会長を務めたモラヴィアやペン・アメリカの会長だったメイラーは取っていない。千種堅の『モラヴィア』(中公新書)によれば、モラヴィアは、性を描く作家として有名で、特にペニスが主人公である『わたしとあいつ』という作品を書いてからは、「モラヴィア」=「ポルノ」という図式は揺るがなきものとなったようだ。メイラーは、「セックスは、おそらく十九世紀と二十世紀初期の小説家によってまだ掘りつくされないでいる、最後に残った開拓分野だ」(「六十九の問答」『ぼく自身のための広告』所収)と言っているぐらいなので、当然ポルノ的要素は強い。2007年には、『キャッスル・イン・ザ・フォレスト』で、「バッド・セックス・アワード」を受賞してしまった。川端がノーベル文学賞をとった時の対象作品は、『古都』、『雪国』、『千羽鶴』だが、『眠れる美女』が翻訳されていたら危なかったかもしれない。

 アニー・コーエン=ソランの『サルトル伝』からの孫引きになるが、アルフレッド・ノーベル自身は、「ヒューマニズム的「理想主義的傾向の」文学作品に受賞することを願っていた」という。

 

純文学とは何か (中公新書ラクレ)

純文学とは何か (中公新書ラクレ)

 

  

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

 

  

  

  

The Castle in the Forest: A Novel

The Castle in the Forest: A Novel

 

  

サルトル伝 (上) 〔1905-1980〕

サルトル伝 (上) 〔1905-1980〕