読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関景介編 『恋愛映画1000』

洋画 邦画 オールタイム・ベスト関連

 2000年にアスペクトから出版された、「恋愛映画」に的を絞ったガイド本。50人の「カルチャー系雑誌で活躍する50人の著名ライター」が、1人20本ずつ「恋愛映画」を紹介しているので、「1000」というタイトルになっている。日本美女選別家協会(リリー・フランキー、黒住光、松久淳、A.K.I.)による座談会も収録。

 気になったものをいくつかピックアップしてみよう。

 

中原昌也

カイロの紫のバラ

②残菊物語

③みな殺しの霊歌

バットマン リターンズ

⑤めまい

⑥孤独な場所で

⑦ベロニカ・フォスのあこがれ

⑧イタリア旅行

アタラント号

ガルシアの首

サンライズ

恋人たちは濡れた

⑬乱れる

⑭恋(ジョセフ・ロージー

⑮男性・女性

⑯清作の妻

⑰白夜(ロベール・ブレッソン

⑱いちごブロンド

⑲暗黒街の弾痕(フリッツ・ラング

⑳早春

コメント抜粋「条理を超えた愛。それは映画というものの中でしか見れぬ超自然現象だ」

 

川勝正幸

アニー・ホール

②ボギー! 俺も男だ

③地球は女で回ってる

エド・ウッド

ジャッキー・ブラウン

⑥うたかたの日々(シャルル・ベルモン)

気狂いピエロ

⑧チャイナタウン(ロマン・ポランスキー

ロング・グッドバイ

甘い生活

⑪めまい

⑫ロリータ(エイドリアン・ライン)

⑬スタン・ザ・フラッシャー

⑭橋の上の娘

わらの犬

ブエノスアイレスウォン・カーウァイ

⑰こわれゆく女

砂の上の植物群

黒い十人の女

ワイルド・アット・ハート

コメント抜粋「結果的に、過去の恋愛経験とカブるとか、現在直面しているラヴ&セックス問題の参考になるとか、自分の身につまされ度でセレクトしてしまった」

 

滝本誠

①乾いた花

②涙を、獅子のたて髪に

③美しさと哀しみと

④日本脱出

⑤青春残酷物語

痴人の愛増村保造

気狂いピエロ

⑧草原の輝き

シェルブールの雨傘

⑩草の上の月

⑪ハネムーン・キラーズ

バットマン リターンズ

ワイルド・アット・ハート

⑭アメリカン・ビューティ

⑮ハピネス

⑯ワイルド・サイド

モナリザニール・ジョーダン

⑱ジェラシー(ニコラス・ローグ

過去を逃れて

⑳ボウイ&キーチ

コメント抜粋「加賀まりこの衝撃は大きく、とても彼女を『右手の友』にする思いすら浮かばなかったが、中学・高校時代に『右手の友』となったのが、桑野みゆきだった」

 

柳下毅一郎

ブギーナイツ

②ハピネス

③知られぬ人

④大アマゾンの半漁人

フランケンシュタインの花嫁

⑥ブライド

ファントム・オブ・パラダイス

⑧フリークス

⑨笑ふ男(パウル・レニ

バットマン リターンズ

ハロルドとモード/少年は虹を渡る

⑫不安と魂

⑬ペトラ・フォン・カントの苦い涙

⑭少しだけの愛だけでも(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

⑮恋人たちの曲/悲愴

⑯ルージュ

⑰エル(ルイス・ブニュエル

⑱クラッシュ(デヴィッド・クローネンバーグ

シド・アンド・ナンシー

⑳毛髪歌劇

コメント抜粋「今、愛について語る上でどうしても外せない存在、それがフィリップ・シーモア・ホフマンだ。彼こそ現代の報われない愛のチャンピオンである」

 

江戸木純

①ムトゥ 踊るマハラジャ

②アシュラ(ラーフル・ラワィル)

③ロッタちゃんと赤いじてんしゃ

フォロー・ミー

⑤赤い影

⑥リトル・ロマンス

小さな恋のメロディ

⑧フレンズ/ポールとミシェル

⑨ジェレミー

ラ・ブーム

⑪ドラゴン怒りの鉄拳

ゲッタウェイ

アメリカの夜

⑭冒険者たち

まごころを君に

⑯クリスティーン(ジョン・カーペンター

カサブランカ

シックス・センス

⑲ジェラシー

⑳牯嶺街少年殺人事件

コメント抜粋「男にとって恋愛映画とはロマンチックなものではなく、やっぱりかっこいいものであって欲しい」

 

大森望

①リトル・ロマンス

②転校生(大林宣彦

翔んだカップル

④20世紀ノスタルジア

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

超時空要塞マクロス 愛・おぼえてますか

ルパン三世 カリオストロの城

カサブランカ

⑨天使のはらわた 赤い教室

桃尻娘 ラブアタック

⑪美少女プロレス 失神10秒前

DEAD OR ALIVE 犯罪者

アウト・オブ・サイト

トーマス・クラウン・アフェアー

⑮ジェニーの肖像

ある日どこかで

バック・トゥ・ザ・フューチャー

ブレードランナー

シザーハンズ

⑳奇縁(チン・シウトン)

コメント抜粋「恥ずかしいので今まで黙っていたが、恋愛映画のわが原点は、何を隠そう『リトル・ロマンス』なのである」

 

叶井俊太郎

①シュリ

八月のクリスマス

③愛と青春の旅立ち

④リトル・ロマンス

⑤プライベイト・レッスン

⑥『グローイング・アップ』シリーズ

⑦マネキン(マイケル・ゴットリーブ)

⑧マネキン2

⑨イル・ポスティーノ

⑩ビフォア・ザ・レイン

インデペンデンス・デイ

メリーに首ったけ

⑬愛のあとに

⑭バトル・ヘルハウス

⑮愛を弾く女

⑯フランスの女

⑰ネクロマンティック1〈完全版〉

⑱ネクロマンティック2〈完全版〉

⑲日曜日の恋人たち

⑳フレンド(ジャン=ピエール・アメリ)

コメント抜粋「そして『ネクロマンティック1〈完全版〉』!! これは当時マジで盛り上がった! この作品でオレの映画仕事の位置付けとか役割が決定したと言えるほどの作品なのである」

 

村崎百郎

時計じかけのオレンジ

②クラッシュ

③ソドムの市

④爆裂都市 Burst City

⑤コレクター(ウィリアム・ワイラー

青春の殺人者

愛のコリーダ

⑧発狂する唇

ゴジラヘドラ

⑩刺青・愛・乱舞

カッコーの巣の上で

⑫まぼろしの市街戦

ソルジャー・ブルー

⑭テロ2000年 集中治療室

二百三高地

戦慄の絆

イリュージョニスト(ヨス・ステリング)

⑱ブラザー・サン シスター・ムーン

⑲ネクロマンティック1〈完全版〉

ラストタンゴ・イン・パリ

コメント抜粋「マジで殺しを考えているほど親を愛している人々には、親子の情愛を念入りに描いた『青春の殺人者』を薦めたい」

 

岸野雄一

①盲獣

月光の囁き

③妻は告白する

④セックス・チェック/第二の性

⑤悶絶!! どんでん返し

乱れ雲

⑦めし

西鶴一代女

⑨河内カルメン

⑩かぶりつき人生

⑪女は二度生まれる

草の上の昼食

勝手にしやがれ

⑭男性・女性

突然炎のごとく

⑯女鹿

⑰ハッスル(ロバート・アルドリッチ

⑱何がジェーンに起こったか?

ラストタンゴ・イン・パリ

アタラント号

コメント抜粋「愛の歓喜を描くことでは右に出る者がいないジャン・ルノアールの『草の上の昼食』における自然描写に仮託したセックスシーンが、この上なく美しい」

 

野崎歓

ロシュフォールの恋人たち

狂気の愛

ジャン・ルノワールの小劇場

④夏の遊び

⑤BARに灯のともる頃

⑥大自然の凱歌

⑦愛のそよ風

⑧プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角

⑨ベイビー・イッツ・ユー

⑩ラブ・ストリームス

⑪シャー・ルク・カーンのDDLJ ラブゲット大作戦

アンディ・ラウのスター伝説

欲望の翼

男たちの挽歌

⑮風の輝く朝に

⑯野獣特捜隊

⑰バタフライ・ラヴァーズ

⑱自梳(ジェイコブ・チョン)

⑲君のいた永遠

⑳ステキな彼女

コメント抜粋「とにかく好きで好きで、これを前にしては身も世もなく惑乱するしかないのが1『ロシュフォールの恋人たち』」

 

添野知生

①暗黒街の弾痕(フリッツ・ラング

②われらの恋に雨が降る(イングマール・ベルイマン

③幽霊と未亡人

忘れじの面影

⑤心のともしび

⑥めまい

乱れ雲

恋のエチュード

ラストタンゴ・イン・パリ

⑩夕なぎ セザールとロザリー

ゲッタウェイサム・ペキンパー

⑫ふたり(ロバート・ワイズ

⑬おかしなおかしな大冒険

⑭ハッスル(ロバート・アルドリッチ

⑮天使のはらわた 赤い教室

ある日どこかで

⑰恋しくて(ハワード・ドイッチ)

ラブ・ストーリーを君に

⑲いつかの日この愛を

⑳チェイシング・エイミー

コメント抜粋「メロドラマの宝庫でもあるロマンポルノの中でも、徹底した甘美さと絶望を描いて一つの里程標になったのが『天使のはらわた 赤い教室』」

 

轟夕起夫

①人妻集団暴行致死事件

②四畳半襖の裏張り

③主婦と性生活

④堕糜泥の星 美少女狩り

⑤くの一淫法 百花卍がらみ

⑥時には娼婦のように

⑦天使のはらわた 赤い教室

ベッド・イン小沼勝

⑨暴行切り裂きジャック

花と蛇小沼勝

⑪ピンクのカーテン

⑫嗚呼! おんなたち・猥歌

⑬縄と乳房

⑭生贄夫人

⑮四畳半襖の裏張り しのび肌

⑯わたしのSEX白書 絶頂度

⑰夫婦秘戯くらべ

恋人たちは濡れた

⑲妻たちの性体験 夫の目の前で今……

⑳ダブルベッド

コメント抜粋「内田裕也演じる売れないロケンローラー。マネージャーは安岡力也。充分だろ。もうこのツーショットでOKじゃない」

 

湯山玲子

眺めのいい部屋

青いパパイヤの香り

③ワン・フロム・ザ・ハート

アメリカン・グラフィティ

四月物語

シェルタリング・スカイ

ラストタンゴ・イン・パリ

欲望の翼

楽園の瑕

ブエノスアイレス

アデルの恋の物語

風と共に去りぬ

月の輝く夜に

モナリザニール・ジョーダン

⑮誰かがあなたを愛している

⑯裸足で散歩

⑰二十歳の恋

世にも怪奇な物語

ワイルド・アット・ハート

⑳世界中がアイ・ラブ・ユー

コメント抜粋「自分の少ない体験や人様のいろんな話を総合するに、やっぱり恋愛の真骨頂は、人が恋を自覚して行動に移すファースト・ステージ、その短期間の熱と昂揚にこそあるのだと思う。そして、そこのところの描写能力に長けている映画を、私としては恋愛映画と呼びたいところだ」

 

ギンティ小林

①恐怖の外人球団

ダイナマイトどんどん

ドカベン

④塀の中のプレイ・ボール

ラブ・オブ・ザ・ゲーム

瀬戸内少年野球団

⑦ドリーム・スタジアム

⑧サード

⑨ザ・ファン

メジャーリーグ

⑪タッチ 背番号のないエース

⑫がんばれ! ベアーズ大旋風

メジャーリーグ

⑭ヒーローインタビュー

⑮ミスター・ベースボール

⑯がんばれ! ベアーズ

⑰ナチュラル

野球狂の詩

⑲遥かなる甲子園

⑳さよならゲーム

コメント抜粋「恋愛は野球だ!」

 

 適当に抜きだしてみただけでも、結構被っているがわかる。『ラストタンゴ・イン・パリ』、『バットマン リターンズ』、『天使のはらわた 赤い教室』、『めまい』、『ハッスル』、『ジェラシー』、『男性・女性』、『リトル・ロマンス』とか。なんとなくわかるような気がする。

 前に『映画秘宝のオールタイムベスト特集号』というのを書いたけど、柳下毅一郎なんかは、「オールタイムベスト」と今回の「恋愛映画」のチョイスが似通っていて、興味深かった。オールタイムベストでは回答しなかった中原昌也が、ここでは律儀に「恋愛映画」を選んでいる。

 

追加

鈴木布美子が選ぶアヴァンギャルド映画ベスト50(『映画の快楽』角川文庫、1990年より引用)

・花火 ケネス・アンガー

・獣の血 ジョルジュ・フランジュ

・オルフェ ジャン・コクトー

・緑と色の即興詩 ノーマン・マクラレン

・天使 ジョゼフ・コーネル

・アルヌルフ・ライナー ペーター・クーベルカ

ある夏の記録 ジャン・ルーシュ

去年マリエンバートで アラン・レネ

・フィルムのための禅 ナム・ジュン・パイク

・美しき五月 クリス・マルケル

・フィルム アラン・シュナイダー

チェルシー・ガールズ アンディ・ウォーホル

・ペルソナ イングマール・ベルイマン

・マラー/サド ピーター・ブルック

・中国女 ジャン=リュック・ゴダール

・波長 マイケル・スノウ

・参考のためのマリー フィリップ・ガレル

・アンナ・マグダレーナ・バッハの日記 ストローブ=ユイレ

・パートナー ベルナルド・ベルトルッチ

・銀河 ルイス・ブニュエル

・アントニオ・ダス・モルテス グラウベル・ローシャ

・アウト・ワン ジャック・リヴェット

・自分自身の眼で見る行為 スタン・ブラッケイジ

リトアニアへの旅の追憶 ジョナス・メカス

・今宵かぎりは・・・ ダニエル・シュミット

ピンク・フラミンゴ ジョン・ウォーターズ

ホーリー・マウンテン アレハンドロ・ホドロフスキー

・快楽の漸進的横滑り アラン・ロブ=グリエ

・私、君、彼、彼女 シャルタル・アッカーマン

・ルシファー・ライジング ケネス・アンガー

・スウィート・ムービー ドゥシャン・マカヴィエフ

インディア・ソング マルグリット・デュラス

ヴェネチア時代の彼女の名前 マルグリット・デュラス

・ソドムの市 ピエル・パオロ・パゾリーニ

・ロベルトは今夜 ピエール・ズッカ

ヒトラーあるいはドイツ映画 ハンス=ユルゲン・ジーバーベルク

イレイザーヘッド デヴィッド・リンチ

・盗まれた絵の仮設 ラウル・ルイズ

フォービデン・ゾーン リチャード・エルフマン

・天使 パトリック・ボカノウスキー

・エンジェリック・カンヴァセーション デレク・ジャーマン

・アメリカ(階級関係) ストローブ=ユイレ

・薔薇の王国 ヴェルナー・シュレーター

・ノエミの旅 ミシェル・ロッド

・ストリート・オブ・クロコダイル ブラザーズ・クエイ

・右側に気をつけろ ジャン=リュック・ゴダール

・数に溺れて ピーター・グリーナウェイ

・アシク・ケリブ セルゲイ・パラジャーノフ

・風の物語 ヨリス・イヴェンス

・サンタ・サングレ アレハンドロ・ホドロフスキー

 

恋愛映画1000―すべての映画は恋愛映画である。 (特集アスペクト)

恋愛映画1000―すべての映画は恋愛映画である。 (特集アスペクト)

 

  

映画の快楽―ジャンル別・洋画ベスト700 (角川文庫)

映画の快楽―ジャンル別・洋画ベスト700 (角川文庫)